和歌山県産みかんのお取り寄せ・通販|みかんの保存方法

みかんの保存方法

みかんの保存方法

みかんの保存方法

みかんは常温保管でも構いませんが、段ボールに詰めたままでは乾燥したり、重みで傷みカビが生えることもあります。
そのため、段ボールからはできるだけ取り出し、風通しの良い涼しい所で保管しましょう。

この時、台所や玄関といった直射日光の当たらない場所がオススメです。
可能であれば新聞紙に1つずつ包んだ方が長持ちします。しかし数が多いと大変なので、やらなくても問題ありません。

また、みかんそのものの重みで傷んでしまうことがあるので、時々下に埋もれたみかんを上に持ってくるなどして傷まないようにしましょう。
そして、みかんはへたを下にするように置き、痛み具合を遅らせましょう。

これはへたの方が固く丈夫なため、みかんの重みに耐えられるためです。
積み重ねる場合もへたが下になるように積むことで、痛みを遅らせることにつながります(逆にへたと底が接触すると、へたに押された部分が傷んでしまうことがあります)。

さらに乾燥防止のために段ボールには新聞紙を敷き、上からも新聞紙を重ねてサンドすることにより乾燥防止になります。
この時、段ボールのふたは閉めないようにしましょう。通気性が悪くなってしまいます。

可能であれば竹のざるなどの通気性の良い、そこがメッシュになっているかごにみかんを移して保管すると良いでしょう。ないのであればスーパーなどに置いてあるプラスチック製のかごでも構いません。

また、量が多いのであればかごに段ボールごと移しても構いません。通気性が保たれることにより、カビが生えるのが若干遅くなります。
それもなければ新聞紙を丸めたモノを底に敷き詰めましょう。これでも一定の通気性を期待することができます。

冷蔵庫での保存

冷蔵庫での保存

保存の面では冷蔵庫にみかんを入れるという手がありますが、冷やしすぎると乾燥し、酸っぱくなってしまいます。何より甘みが飛んでしまうため長期保存には向いていません。

ただし、冬場で室内が冷蔵庫と同じぐらいに寒いのであればわざわざ冷蔵庫に入れず、常温保存でも良いでしょう。

基本的にみかんは長期保存には向いていませんが、もし食べる時期が長くなるのであれば冷蔵庫に保管しておきましょう。

冷蔵庫でみかんを保管する場合、乾燥を防ぐことが大切です。
新聞紙やキッチンペーパー、さらにビニール袋で二重に包んで保存しましょう。

保存場所は冷蔵庫でも良いですし、野菜室でも構いません。

もし、みかんを冷やして食べたい場合、食べる2~3時間前に冷蔵庫に入れておくと美味しく食べることができます。

当園が美味しいみかんを産地直送でお届け!

栽培品種
こやまみかんでは、様々な和歌山の品種のみかんを育てています。甘くて美味しいみかんやおみやげに最適なみかんなど、人気品種も多く取り扱っております。 お気軽にお取り寄せ下さい。
農園情報
こやまみかんは、みかんの生産量一位を誇る和歌山にございます。当農園のみかんは味が濃くお客様から好評です。糖質、カロリーが少なくビタミン豊富なみかんはダイエットにも最適な食品です。

Tel. 090-1596-6360,【電話受付時間】 9:00~18:00(不定休)

お問い合わせ

Information

こやまみかん
〒649-1103
和歌山県日高郡由良町門前935

ゆら早生やみやうちいよかん、マルチみかん、清見オレンジなどの甘くて美味しいみかんやオレンジをお取り寄せできます。20キロ以内なら送料一律980円です!
現在、愛媛や静岡を抑え生産量に日本一を誇る和歌山県産みかんをお求めの方は是非、当店でお取り寄せ下さい。当農園では様々な種類の人気みかんを育てています。おみやげとして、また食卓のお供としてご賞味下さい。

  • お問い合わせ
  • Tel. 090-1596-6360
  • 【電話受付時間】
  • 9:00~18:00(不定休)
  • mail form
  • メールは24時間受付けています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

header